家賃保証を考える

イラストの豚とお金

 一昔前までは、賃貸アパートなどを借りる際に、必ず連帯保証人を立てることを求められるようになっていました。部屋を貸す側としては、見も知らぬ赤の他人に部屋を貸すことになるのですから、万が一の場合に備えて連帯保証人を立ててもらいたいと考えるのが当然です。実際に家賃を滞納した挙句夜逃げをしてしまったりする賃借人が存在していますので、何らかの保証が得られない限り、大家としては部屋を貸すことができません。しかし、事情があってどうしても連帯保証人を立てることができない人が少なからず存在しています。また、名前を貸しただけだと言って責任を負おうとしない連帯保証人が多くなってきたため、人的保証に限界が感じられるようになりました。そこで、連帯保証人代わりの役目を果たす家賃保証会社が登場してくるようになりました。借主・貸主双方にとってメリットが多いシステムであるため、現在多くの人が家賃保証会社を利用しています。

 家賃保証会社は、もともと、何らかの事情で連帯保証人を立てることができない人が、自分の信用だけで賃貸借契約を結べるようにするために作られた会社でした。しかし、そのような理由だけでなく、賃貸物件のオーナー側が家賃を取りっぱぐれないようにするための機能が年々重視されるようになってきています。従来からあった連帯保証人制度では、借主が家賃滞納などの債務不履行を起こした場合でも、連帯保証人がすんなりと支払い請求に応じないケースが多発していました。「自分は頼まれて名前を貸しただけだ」と主張して支払いを拒む連帯保証人がたくさんいます。そのような言い訳が裁判で通用することはないのですが、家賃回収のために裁判を起こすのは負担が大きいので、泣き寝入りせざるをえないオーナーが大半でした。そのため、今後は、オーナー側のリスクを軽減する目的で家賃保証会社が利用されるケースが増加していくだろうと考えられています。