銀行で購入できる

電話対応する女性

国債は多くの人に好まれる投資商品の1つです。その大きな理由は元本が保証されているからです。満期になれば、元本の全額が返還されます。そして保有している間は利息収入を得ることができます。国が発行している債券なので、企業が発行している債券である社債と比べて安心感が違います。国債は身近なところで購入することができます。例えば銀行の窓口です。国債は定期的に発行されており、その度に銀行の窓口で販売されます。売り切れになってしまっていても焦る必要はありません。新発債に限らず、既発債も購入することができるからです。最近では、国債を購入することで特典を付ける銀行も出てきていますので、家の近くにある金融機関を一通りチェックしてみると良いです。

銀行で売られているものは主に個人向け国債と言われるものです。個人向けであるため、最低購入額も低く抑えられています。また、満期前でも、一定の手数料を支払うことで解約できるようになっています。既発債を購入する場合にはもう少し投資金額が大きくなります。既発債とは新発債とは異なり、すでに発行されている国債のことです。銀行等の金融機関がある程度ストックを保有しており、それを譲るという形で販売しています。銀行の窓口では大きく宣伝はしていませんが、証券会社等では、既発債も新発債と同様に、当たり前のように販売されています。時期によっては利回りの高い既発債もありますので、定期的に既発債をチェックしておくと良いです。